February 2015


Priyaのヨガクラスにて今月扱っている内容です。
原文はFocus of the Month Feb.2015をご覧ください。

Jivamukti Yoga Focus of the Month
2015.February
Storytelling

聖書、コーラン、神話など
長い歴史の中で時を越えて語り継がれている物語とは偉大である。
_________________
◆偉大な物語とは?
1.世代を超えて語り継がれるものである。

2.内容そのものに価値がある。

(ex)映画…どんなに俳優や音楽が良くても
ストーリーがよくなければ偉大な作品にはならない。
そして世代を超えて見続けられるものこそ良い作品である。

3.偉大なストーリーとは思い出す事が出来るもの、記憶に残るもの
(→1月のFocus [Time was,is,will be]
無意識の行いは記憶に残らない。
過去とは全て記憶によって残っているもの。
記憶にないという事はその存在自体が失われてしまう。
全ての行動に意識や思いを込めて大切に生きて行く事が大切)

◆聖典の教えはヨガの練習において欠かせない練習の一つ。
長い歴史の中で語り継がれてきたものであり、
その内容そのものに価値がある。
そして私たちの記憶に残るストーリーであると言える。

<VEDA聖典>
*リグ・ヴェーダ(BC1200年)
インド思想のはじまり。
BC1500年のインダス文明の滅亡とアーリヤ人の侵入
*サーマ・ヴェーダ
*ヤジュル・ヴェーダ
*アタルヴァ・ヴェーダ

<ウパニシャッド>
ヴェーダの四章目、アートマンとブラフマン、
カルマからの解脱こそが悟りという考え方の確立

<二大叙事詩ラーマヤーナとマハーバーラタ>
(BC4C~4C 民衆)
バガヴァッドギーター( マハーバーラタ6巻23~40章)

<ヨガ・スートラ>(六派哲学 ヨーガ学派 3C頃)

_________________
<聖典の物語の紹介>

●シビ王とインドラ
シビ王の気質を試す為に、インドラは鷲に化けました。鷲は鳩を殺す為に追いかけ、鳩はシビ王に追手から命を救って下さいと頼むのです。王は鳩に対しての思いやりに満ち、鳩を守るといいます。鷲は王に対して、鳩は鷲にとっての餌であり、餌無しでは鷲自身が餓死するので、鳩を受け渡す様にと要求しました。 王は鳩に避難場所を提供したので、渡す事はできないと説明しました。これに対して鷲は、それなら鳩と同じ重さの肉を王の体から切り裂いてくれと要求しました。王は鳩を計りの片方に置き、自身の太腿の肉を切って、計りにのせたのです。驚く事に、鳩は思っていた以上に重かったので、王は太腿の肉を切断して計りにのせたのですが、鳩自身の体重は増えるばかりでした。最終的に、王は自らを計りにのせたのです。鷲はインドラだったと身を明らかにして、王を元の体に戻し、“貴方の名声はこの世が続く限り持続する”と讃えたのです。―マハバラタ、アランヤ パーヴァ、アディヤヤス130-131

●梵我一如
スヴェケトュの父は偉大な賢者で、息子に宇宙の性質とは目に見えない、全ての存在の本質の中に宿っている事を教えました。”これが現実である。アトマンであり、梵我一如(ぼんがいちにょ/宇宙の原理と個人を支配する原理が同一である)。” スヴェケトュは父にもっと説明を求めました。 それに対して父は、グラスに一握りの塩をいれた水を明日持ってくるようにいいました。翌朝、スヴェケトュが父の元へ行くと、この水から塩を取り出す様に言われました。塩は水に溶けているので、スヴェケトュには塩を見つける事ができません。 父は水を味わい、どの様に探したかを問いました。スヴェケトュは、水は間違いなく塩味であると答えました。父は塩を探す様に、また問いました。スヴェケトュは、塩を味わう事は出来ても、見つける事はできませんでした。息子の答えを聞いた後で、宇宙全体の本質というのは、目に見えなく微細で、この水の中の塩のように目には見えなくても存在していると言いました。“これが現実、これが真実、梵我一如。” チャンドウギャ ウパニシャッドから。

●ハミングバードの物語
ある夜ハチドリは、とても寒い空を飛びながら家に帰る途中に、寒さを逃れる為に身を寄せあっている人間達を見ました。可哀想な事に、人間には体温を保つ為の羽が無いのです。ハチドリは思いやりに満ち、なにか出来る事をしてあげようと決めます。ハチドリは人間達に“どうして火を使って暖まろうとしないの?”と尋ねると、人間達は “太陽から火をとったら、太陽が怒って丸焼きにされるのが怖いから”と答え、ハチドリは んーと口ずさみ、“太陽から火をとってきてあげるよ、私は早く飛ぶ事が出来るから” といいました。(ハミングバードは回避操作が上手いのです)人間達は、太陽から火を取ろうとすると、ハミングバードでさえ、太陽で火傷するよと警告をしました。ハチドリは、明日の旅に備えるために巣へ飛び去りました。翌日の早朝に出発。ハチドリは空高く高く飛んで、さらに高く飛んでいきました。太陽は小鳥が近くにいる事を察知し、笑いながら火の舌を出して小鳥を焼こうとしました。小鳥は火をかろうじて逃れ、太陽の裏へとまわり、少しの火をとって、顎の下に隠し、太陽から地上へと飛び降りました。小鳥が人間達に火を渡す頃には、小鳥は疲れてへとへとになっていました。 人間達の親分であった老いたコヨーテは、この贈り物に感謝しました。どこに火を保っておきましょうか?とある人が尋ねると、またある人は、“火を灯し続ければ、消えてしまう事は無い”と答えました。老いたコヨーテは、頭を横に振りながら、”疲れて寝てしまえば、火も消えてしまうし、雨が降ったらどうなる?この火を安全に保たなくてはならない”といって、近くの木に火を押しあてて、火を消してしまいました。人間達はあわてて、“何て事をしたんだ、火が消えてしまったじゃないか”と心配をしました。老いたコヨーテは笑みを浮かべ、“これで火は木の中にあるから、いつでも必要な時に柔らかい木を堅木にこすって、いつでも火を焚く事ができる、これからは寒い思いをする事は無い”と説明をしました。ハチドリのくちばしの舌が赤いのは、先祖のはちどりが人間達の為に火という贈り物を届けてくれたからなのです。(出典:First Nations tradition)“Indra assumed the form of a falcon to test the character of King Sibi. The falcon chased a dove to kill it. The dove flew to King Sibi and begged him for shelter from the pursuer. The king was overwhelmed with compassion for the dove and said that he would protect him. When the falcon arrived he demanded that the king give up the dove – as it was his natural food and the falcon would starve without it. The king explained that he had given shelter to the dove and would not surrender. To that, the falcon responded that the king must give him the equivalent weight of his own flesh. The king placed the dove on one side of a weight scale and cut off a portion of his own thigh and placed it in the other side. To his surprise, the bird was much heavier. The king proceeded to cut pieces of his thigh and add them to the scale, but the dove proved to be heavier each time. Finally, the king stepped onto the scale offering his whole body in place of the dove. The falcon then revealed himself as Indra and restored King Sibi, declaring, “Your fame will last as long as the world lasts.”
Mahabharata, Aranya parva, adhyayas 130-131
Stephen King said, “There are books full of great writing that don’t have very good stories.”

All literature, movies, television or graphic novels do not endure without a good story. Great books like the Bible or Koran have stories that we remember our whole lives. What is a good story? A good story is the one we remember. Remember-ability is the true test of a good story. A good story relates universal importance in a personal way. A good story expands a personal experience into universal dimension. Story and story telling are integral tools of yoga knowledge. Stories of gods, demons, humans and all other animals fill the scriptures and lore of yoga. These stories paint a vivid picture of the lives of sages, saints, yogis and seekers.

Svetketu’s father was a great Sage who taught his son about the nature of the universe being an invisible and all pervading essence. “That is Reality. That is Atman. Thou Art That.” Svetketu asked his father to explain more. His father instructed him to place a lump of salt into a glass of water and return in the morning. When Svetketu returned the next day his father asked him to take the salt out of the water. Svetketu could not see the salt in the water, as it had dissolved. His father instructed him to taste the water and tell him how he found it. Svetketu replied that the water was without a doubt salty. His father told him to look for the salt again. Svetketu could not see the salt, he could only taste it. His father then told him that the invisible and subtle essence of the whole universe cannot be seen but is as present as the salt that is invisible in the water. “That is Reality. That is Truth. Thou Art That.”
– From Chandogya Upanishad

Arundhati Roy wrote, “The secret of the Great Stories is that they have no secrets. The Great Stories are the ones you have heard and want to hear again. The ones you can enter anywhere and inhabit comfortably… In the Great Stories you know who lives, who dies, who finds love, who doesn’t. And yet you want to know again.”

One very cold night Hummingbird was flying home and saw the humans below, huddled against the cold. The poor humans had no feathers to keep them warm! Hummingbird was filled with compassion and was determined to do something about this. He flew down and asked the humans “Why do you not have fire to keep yourselves warm?” The humans replied “We are frightened that if we try to take some fire from the Sun, it will burn us up.” “Hmmmmmm,” Hummingbird hummed. “I can get some fire from the Sun. I am very fast.” (Which is true, Hummingbirds are very skilled at evasive maneuvers!) The humans warned the Hummingbird that the Sun would also burn him if he tried to get some of the fire. The Hummingbird flew away to get a good night’s sleep because he had decided to get fire for the human beings. The next morning the Hummingbird started out early. He flew straight up in the sky. Hummingbird flew up, up, and up, higher and higher. Soon he was close to the Sun who saw the little bird, laughed, and threw out a tongue of fire to fry him. The little bird was almost burned but maneuvered around to the back of the Sun, grabbed a piece of fire, and tucked it under his chin. He flew down, down, down. The little bird was exhausted as he handed the fire to the humans. Old Coyote was the chief of the humans and he said, “Thank you for this gift. Where shall we keep the fire?” The other human beings said, “We will watch the fire and never let it go out.” Old Coyote shook his head, “No, you will let it go out. You will tire and fall asleep. What if it rains? We must keep the fire safe.” Old Coyote took the fire and pushed it into a hardwood tree nearby. The humans were afraid, “What have you done? We’ve lost the fire now.” Old Coyote smiled and said “The fire is in the tree any time you need it. Just rub the hardwood with a soft wood and the fire will come out. You will never be cold again.” To this day many Hummingbirds have a red mark below their beak where their ancestor carried the gift of fire to the human beings. And that is all. – From First Nations tradition

February 2015 — David Life

コメントは受け付けていません。